2016年8月31日水曜日

グリーンカーテン 自動水やり器 お盆期間運用失敗

あまりのショックでしばらく更新が出来ていませんでしたが、お盆期間の運用結果です。

結果は大失敗・・・・・。

水やり器事態は正常だったのですが、電源コンセントを抜いてしまうというミスによりすべてがパーです。

教訓 出かける前に動作確認をしっかりしよう!

幸いゲリラ豪富等により僅かですが生き延びています。痛々しくて目も当てられません。

枯れたツルを取り除き、一週間たった姿がこちら。まだスカスカですが、かなり復活しました。

2016年8月6日土曜日

グリーンカーテン 自動水やり器 6週間経過

窓枠が見れないくらい成長し、花も上段まで移動してきました。

毎日きれいな花を咲かせてくれます。最近は紫が増えてきました。


2016年7月9日土曜日

グリーンカーテン 自動水やり器 3週間経過

やっとグリーンカーテンっぽくなり、花もいい感じに咲いてます。
最近は上までいった芽を摘むのが日課になってます。

・水やりは800mℓ(1鉢あたり270mℓ)を6回(07:30、11:00、13:00、15:00、17:00、19:00)
で運用し、西日に負けることなく頑張っています。
・追肥は1回しかしていませんが、葉っぱの状態を見ながら適宜追加したいと思います。
現在

過去の写真もみましたが凄い勢いで成長してますね。
1週間前

2週間前

2016年7月2日土曜日

グリーンカーテン 自動水やり器 2週間経過

順調に育っていて、下のほうから花も咲き始めました。

梅雨明けはまだですが、7月に入りメッチャ暑くなりました。
アサガオ軍団の成長もあり1日2回の水やりでは足りないようです。

現状___07:30、17:00
変更後__07:30、11:00、15:00、17:00

11:00の追加で足りるかと思いましたが、15:00頃に萎れてきたので追加しました。暑い時期の水やりはよくないのですが、滴下なので大丈夫でしょう。

7/3追記
・13:00、19:00も追加し6回の水やりとなりました。気温が上昇し、一回の水やりでは鉢下から水が出てきません。やはり群馬の夏は半端ないっす。

あと、今更ですが、こちらの分解記事を読んでタイマーの新機能を発見しました。

まず分解 「PT70DW 24時間デジタルタイマーコンセントを試す。」

プログラムボタン3秒長押し_ 暫定On/Off
時計ボタン6秒長押し____暫定On/Off(プログラム機能無効)

マニュアルはしっかり読んだほうがいいです。
これで追加の水やりも簡単です。

2016年6月26日日曜日

グリーンカーテン 自動水やり器 1週間経過

自動水やり器を設置してから1週間、ほとんど晴れることもなく梅雨まっしぐら。
ただ、雨がふっても植木鉢までは雨は殆どこないので、水やりは必要です。

日曜日から朝晩、計16回 無事こなしてくれました。20ℓ缶で2/3程度消費しているので、一回800mℓ、12日程度もちそうです。

アサガオ集団が育ってきたのと、梅雨明けに備えて給水回数増やそうかな。今年は心強い相棒が出来て安心です。

2016年6月23日木曜日

地デジ用 バンドパスフィルタ(BPF-U19K)購入してみた

サイトウコムウェアのバンドパスフィルタ、BPF-U19K(地デジch19のみ通過する)を購入したのでレビューします。
UHFバンドパスフィルター BPF-U□K 単一チャンネル〔UHF13〜55chより指定〕

届いたのはこちら、外観はシンプルですが結構お高いです。涙
フィルタとしては20dB程度あり、フィルタのエッジ部分は12MHzで、地デジ6MHz 2CH分に相当します。

届いたフィルタの試験伝票を見ると、30dB近い値になっています。

なんでこんなものを購入したかといいますと、

・実家が難視聴地域で、アナログの時はなんとか受信できたのに地デジにしたら遠方の他県の電波干渉でやられ、ほとんど見れない状態になってしまいました。
・高利得アンテナ(指向性が高い)を電波の飛来方向から見て陰になる場所に設置し、なんとか見れる状態にできたが、どうしてもNSTが写らない。
・屋根上に設置したアンテナでは唯一NSTが写るが、先のアンテナと単純に混合すると干渉で写らなくなる。

ということで、屋根上のアンテナからNST(19ch)だけ取得し、混合してみようと考えました。

ちなみに受信先は弥彦山となりますのでチャネル構成は以下の通りです。
総合
教育
BSN
NST
TeNY
UX
1
2
6
8
4
5
15
13
17
19
26
23

BSNとNSTが近いのが気になります。

500MHz付近を測れる測定器が手元にないので、PT-3の入力レベルで確認してみました。LNBは切っていますが、チューナー内のアンプで多少は利得調整しているはずなのであくまで参考ということで、
ch
filter有
(dB)
filter無
(dB)
差分
(dB)
中心
周波数
(MHz)
13
22.7
34.7
12.0
473
14
21.7
33.5
11.8
479
15
23.8
34.3
10.5
485
16
 
 
 
491
17
 
 
 
497
18
34.4
35.2
0.8
503
19
35.5
35.5
0.0
509
20
 
 
 
515
21
28.2
33.6
5.4
521
22
21.8
33.6
11.8
527
23
24.1
33.6
9.5
533
24
23.2
33.8
10.6
539
25
20.6
33.5
12.9
545
26
18.7
33.0
14.3
551

やはり19chの前後2chは比較的通してしまうようです。

結果は夏休みまでお預けですが、今から楽しみです。

2016年6月19日日曜日

グリーンカーテン 自動水やり器のテスト 給水ホースの作成

前回のテストで思いのほか上手くいったので、給水ホース部の作成に移ります。

購入したのはこちら、

中継タンクの蓋に穴をあけて取り付けます。
直径7mmなので6.5mmで穴あけすれば丁度いい感じに固定されます。
接続した様子がこちら、
元々水道水の圧力で動作するように設計されていますので、点滴状にしか出ません。まっすぐ指すと鉢の下に抜けてしまいますので、斜めに指します。
 この商品は水の出方を調整する機能が付いています。今回は3分岐で、出口の高さも異なりますので、微妙な調整もできて大変重宝しました。
動作の様子はこちら。いい感じに水やりできています。